はてな新潟中越地震「現地発」情報

この日記は、平成16年新潟県中越地震を受け、
Webの掲示板・Blog・ニュースなどから「現地発」の生の声を集めていくものです。
日割りの時系列で構成し、地域別にもご覧頂けます。
地理がよく分からない時は、ここから地図をご参照下さい。
お断りとお願い(2004年11月15日)
<< 2017/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
地名別表示はここから「移動」

※無表示地域は記事未掲載。

※検索ボックスに複数の単語を入れた場合、
そのすべてを含む日記記事が検索されます。
検索語句はスペースで区切ります。

2004-10-29

[]災害救助車両の高速料金免除 17:14

ソース新潟中越地震「現地発」情報 地域別整理blog

災害救助車両の高速料金

投稿者:mizu 投稿日:2004年10月29日 00:45:30

もう既にご存知のことかもしれませんが、災害救助車両の高速料金について免除があるらしいです。

私の住んでいるところでは、市役所の地域振興課に申請して証明書をもらって、料金所で提示すると無料になると新聞に書かれていました。

以下、新聞より抜粋。

対象は、地震による災害救助のために使用する救済ボランティア、物資輸送の車両で個人車両も含む。同証明書を携帯し、料金所で提示するれば無料となる。証明書は料金所ごとに1枚必要となる。期間は当面11月6日(土)まで。発行については地域振興課防災担当へ。

とりあえず、どの辺りが該当車両と見てもらえるかわかりませんが、現地入りを考えている方は一度最寄の市役所などに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

今日、長岡の親戚と話をしたところ、親戚の家は水道も復旧したそうです。電気はおとといくらいに復旧したそうです。

ただ、ガスだけは復旧が遅れているらしく、他の長岡在住の親戚の家もガスは復旧していないそうです。

高齢の方になると、なかなか自分の家から離れるのを嫌がる傾向があるようです。私も避難所にいる叔母に何日かでも避難しにおいでといっていますが、家から離れたり、近所の人と離れるのに抵抗があるといっています。他県に住むいとこも同じように断られていますし、被害の少ないところにすんでいるいとこも同様でした。

全ての人が同じとは思いませんが、長年住んだ土地を離れるのをためらう人もいるというのもわかってあげてください。

現地は場所によってまちまちのようですが、かなりまだ混乱しているようです。行政もその場にいない私たちほど冷静に判断できない状態かもしれません。何かしたい気持ち、早く返事がほしいという気持ちもわかりますが、まだ発生から1週間も経っていないし、現地では毎日余震などでさまざまなアクシデントが次々と起こっている(たとえば道が急になくなってしまったり・・・)現状で、時間的な感覚が私たち外にいる者とは違っているのではないかと思います。

支援については、今後長期的に必要になると思いますので、もうしばらく待ってみてはいかがでしょうか?


[]現地からのブログ 17:08

ソース新潟中越地震「現地発」情報 地域別整理blog

被災地から・・・

投稿者:nami_gator 投稿日:2004年10月29日 02:28:53

地震によるのショックのため、書くことや載せる事ができなかった被災者の気持ちをやっとUPすることができる多少の余裕ができました。震源地には恐ろしくて近づくことはできませんが、23日の地震直後の気持ちから今までの心境の変化を書きとめ、内容を少しづつ整理してUPしています。ティーのオートページ(ブログ)ページ読んでください。コメントどうぞお待ちしております。

http://silver.ap.teacup.com/senzaluce/

[]広域情報 16:30

ソース表示できません - Yahoo!ニュース

  • 大学の特別措置
    • 新潟大などは、被災者やその家族が受験を希望する場合などの特別措置について発表した。
    • 新潟大学新潟市五十嵐二の町)
      • 推薦、社会人特別選抜、第3年次編入学、養護教諭特別別科などの入学者選抜試験の出願期間延長について、相談に応じる。期限に間に合わない場合、またはその可能性がある場合は同大学務部入試課(電話025・262・6249)まで。
    • 東北芸術工科大学山形市上桜田)
      • 自己推薦入試(出願期間11月5日まで、試験日11月14日)の検定料(3万3000円)を免除する。対象は、災害救助法適用地域に住む受験生と、保護者が同地域に勤務する受験生。問い合わせは(電話0120・27・8160)まで。
    • 仙台大学宮城県田町船岡南)
      • 推薦入試(出願期間11月1~12日、試験日17~19日)の出願手続きなどについて特別措置を講じる。対象は、被災地域の高校に通う受験生。出願については、ファクシミリによる出願(正式書類は入試当日に持参)、推薦書・実績証明書の担当教員以外の代筆、入学検定料の後払い(入試当日に現金で持参)を認める。スポーツ推薦の場合、「競技実績証明」が家屋の倒壊などで紛失した場合、自己申告でも可能とし、地震でけがをした受験生には専門種目の実技試験を課さない。入試創職室(電話0224・55・1017)
    • 東洋大学東京都文京区白山
      • 保護者の自宅が被害を受けた学生を対象に、05年度の授業料、施設費を減免する。家屋全壊の場合は全額免除、半壊・半焼の場合は半額、家財の損傷などの場合は3分の1を減額する。05年度入学の新入生も、入学金を含めて同様の措置を講じる。広報課(電話03・3945・7570)
    • 車検
      • 国交省北陸信越運輸局は、保管場所の登録先が被災地内で、今月23日から11月22日の間に自動車検査証の有効期間が満了する車について、満了日を最長1カ月延長し、11月23日までとすることを決めた。手続きは不要。自家用と営業用の自動車(軽乗用車を含む)約7600台に適用される。対象地域は次の通り。
    • ペット
      • 県生活衛生課は、各地の動物保護管理センターや地域振興局などで、犬、猫の一時預かりや、ペットの飼育相談を実施している。一時預かりは、避難所などでの生活のため飼えなくなった犬と猫が対象。飼い主に継続して飼育する意思があることが条件。窓口の連絡先は次の通り。

[]広域情報 16:13

ソース新潟中越地震「現地発」情報 地域別整理blog

郵便局から回答受け取り方>ニュースでは

2004/10/29 15:08

メッセージ: 2825 / 2825

投稿者: stamp_raiiy

国内郵便為替の電信為替を利用した場合、送金先の窓口が開いていることが条件で、受取人様が身分証明書が無い場合、口頭で身元確認をさせてもらい、本人確認が取れた場合(郵便配達している地域の配達記録などから)為替を受け取ることができるそうです。

ただ現在窓口が開いてない郵便局がありますので為替送金まえに送金先の郵便局状態を必ず確認することです。

長岡小千谷十日町栃尾、山古志、川口、小国、の地域では郵便局の窓口を閉鎖しているところがありますのでご注意ください。

架設の郵便局でも窓口が開いている間は受け取れるそうです。

良かったですね、郵便局まで受け取りに行く手間が相手にかかりますが、これで必ず送れます。

送る際にもう一度郵便局で確認してください。

2004-10-28

[]広域情報 15:09

ソースhttp://bbs.teacup.com/?parent=social&cat=2105&topics=17&b=50

(無題) 投稿者:ふがふが 投稿日:2004年10月28日 18:20:44

25日早朝に東京から関越→国道17号と進んで小出・堀之内・広神・山古志・湯之谷・入広瀬に

行ってみた。湯沢の検問は入広瀬に行きたいというと通してくれた。今も通してくれるかは不明。

堀之内や広神の一部は結構被害があったけどそれいがいはなんとか平常を保っているので

買物や給油は大丈夫だった。小千谷に行く場合は国道17号線北堀之内駅付近に車を止めて

歩いていくことになります。物資補給に行きたい人は大きなザックが必要でしょう。

ボランティアに行く人は小出あたりを拠点にするのがよいと思う。六日町もよさそう。

車でボランティアに駆けつけるなという意見が多いけど実際問題として

足が無い状態では今は役に立たない。寝床にもなるし。

ただ長岡など日本海側は車があふれているようなので止めた方がいいでしょう。

物資補給ボランティアが本当に必要なのは行政が動き出す前の地震発生後3日間くらい

今はもう郵便局が無料配送してくれるんだし、メーカーも無償提供し始めている。

片付けボランティアやりたい人は余震が収まるまで待つ方がいいよ。

そんで片付けしたい人は今のうちにホームセンターで軍手じゃなくて

皮手袋を購入しておいたほうがいい。数百円から千円くらいで買える。

切り傷から手を守る効果は軍手とは比べ物にならないほどよい。

あと靴底に入れる「踏み抜け防止板」みたいなものもあった方がいい。

被災地に迷惑掛けないためにも事前の準備は怠りなく願いたい。

2004-10-26

[]広域情報 11:06

ソースhttp://www.fukushiniigata.or.jp/group/volunteer/saigai/saigaihonb.htm

新潟県災害救援ボランティア本部の設置について

平成16年新潟県中越地震

 平成16年度10月23日の新潟県中越地区を中心とした地震災害にかかる「県災害救援ボランティア本部」を10月24日、午前9時に設置しましたのでお知らせします。

(設置場所)

新潟県社会福祉議会 ボランティアセンター

 新潟市上所2−2−2 新潟ユニゾンプラザ3F

 TEL 025−281−5527

 FAX 025−281−5529

※ 災害救援ボランティアに関するお問い合わせは、電話(番号 025−281−5527)までお願いします。メールでのお問い合わせは、ご遠慮願います。

 なお、10月25日現在、現地災害ボランティアセンターが立ち上がっている市町村は次のとおりです

長岡

  長岡市災害ボランティアセンター

    長岡社会福祉議会

    長岡市水道町3−5−30

     TEL 0258−33−6000

  ※ 長岡市災害ボランティアセンターでは、避難所への弁当配達ボランティアを募集しています。詳しくは、電話(番号 0258−33−6000)までお問い合わせください。

柏崎

   10月24日 午前7時30分設置

   柏崎社会福祉議会

     柏崎市豊町3−59

     TEL 0257−23−8615

十日町市

   10月24日 正午設置(午後1時、ボランティアの受付開始)

   十日町市役所前

     十日町千歳町3−5−1 市役所前 マトシンビル1階

      TEL 080−5199−0898   080−5199−4596

         080−5059−9624   080−5199−4559

         080−6172−1531

   ※ 現在、避難勧告がでているので、ボランティアの受け入れはしていません。 

栃尾

   栃尾社会福祉議会

     栃尾市新栄町2−2−23

     TEL 0258−52−5895

三島郡越路町

   越路町救護センター 

    三島郡越路町大字浦715 越路町役場内 1階宿直室

    TEL 0258−92−3111

    FAX 0258−92−2724

・北魚沼郡川口

   10月24日 午後1時50分設置

   川口町生涯学習センター

     北魚沼郡川口町1979−130

     TEL(仮設) 0258−89−3120

・中魚沼郡川西町

   川西町社会福祉議会

    中魚沼郡川西町水口沢71

    TEL 0257−68−3343

被災地は、まだ余震が続いている状況にありますので、ボランティアに参加しようとする場合は、必ず現地ボランティア本部と連絡を取り、現地の状況や作業内容、経路等について確認してください。

(※ 電話が大変つながりにくい状況となっておりますので。時間をおいてお掛けいただければ幸いです。)

被災地へのマイカー乗り入れ自粛について(お願い)

 県内中越地方を中心に発生した地震被害にともない、被災地では道路事情の悪化による交通混雑が予想されます。

 被災地の道路は、緊急車両等の通行を優先する必要がありますので、やむを得ない場合を除き、被災地へのマイカー乗り入れ自粛にご協力くださるようお願いします。

災害状況は下記の新潟県災害対策本部のホームページをご覧下さい

http://www.pref.niigata.jp/content/jishin/kyujoho3.html

[]広域情報 11:06

ソース=当日記2004/10/26へのコメント(以下に転写)

d:id:Yuuka74

はじめまして。

日記にも書きましたが、昨日、現地に義援物資を発送しました。

その際、まず新潟県災害対策本部(電話:025-280-5987)へ電話をかけ、どの地域で何が必要かを問い合わせたのですが、こちらの番号が非常に掛かりにくくなっています。そこで、もう一つ番号を教えていただいたのでこちらに記載させていただきます。

電話:025-280-5462

こちらは新潟の水道局か何かだそうなのですが、臨時で義援物資の各地区での不足を把握しているようで、発送先等を教えてもらえます。

私も一昨日から電話をかけていたのですが、本当に繋がりません。

せっかく善意を持ってくださった方もそれぞれの生活があるわけですから電話ばかりに集中できず、あきらめてしまう方もいるのでは?と思うんです。

こちらの新しく教えていただいた番号の方は割と繋がりやすいようなので、こちらの電話番号もご利用される事をおすすめします。

また、係りの方と話したところ、やはり川口町は物資が足りないようです。

道路が寸断されているため、なかなか届かないのもあるそうですがお年寄りが多い地域もあるため、なかなか動ける人も他の地域に比べて少ないとの事でした。

また、住所等に直接送付する事も考えたのですが、場所によっては保管場所がないためせっかく送っていただいても雨等でダメにしてしまう事もあるので、できれば電話で聞いていただいてから送っていただきたい、との事でした。

インターネット電話番号を載せる事は非常に迷いましたが、私も連絡先を探すのに何個もの電話をかけながらやっとたどりついたので、そのロスを少しでもなくすためにこちらに掲載させていただきました。ご了承ください。

2004-10-25

[]広域情報 11:00

ソースhttp://www.fukushiniigata.or.jp/group/volunteer/saigai/saigaihonb.htm

新潟県災害救援ボランティア本部の設置について

平成16年新潟県中越地震

 平成16年度10月23日の新潟県中越地区を中心とした地震災害にかかる「県災害救援ボランティア本部」を10月24日、午前9時に設置しましたのでお知らせします。

(設置場所)

新潟県社会福祉議会 ボランティアセンター

 新潟市上所2−2−2 新潟ユニゾンプラザ3F

 TEL 025−281−5527

 FAX 025−281−5529

※ 災害救援ボランティアに関するお問い合わせは、電話(番号 025−281−5527)までお願いします。メールでのお問い合わせは、ご遠慮願います。

 なお、10月25日現在、現地災害ボランティアセンターが立ち上がっている市町村は次のとおりです

長岡

  長岡市災害ボランティアセンター

    長岡社会福祉議会

    長岡市水道町3−5−30

     TEL 0258−33−6000

  ※ 長岡市災害ボランティアセンターでは、避難所への弁当配達ボランティアを募集しています。詳しくは、電話(番号 0258−33−6000)までお問い合わせください。

柏崎

   10月24日 午前7時30分設置

   柏崎社会福祉議会

     柏崎市豊町3−59

     TEL 0257−23−8615

十日町市

   10月24日 正午設置(午後1時、ボランティアの受付開始)

   十日町市役所前

     十日町千歳町3−5−1 市役所前 マトシンビル1階

      TEL 080−5199−0898   080−5199−4596

         080−5059−9624   080−5199−4559

         080−6172−1531

   ※ 現在、避難勧告がでているので、ボランティアの受け入れはしていません。 

栃尾

   栃尾社会福祉議会

     栃尾市新栄町2−2−23

     TEL 0258−52−5895

三島郡越路町

   越路町救護センター 

    三島郡越路町大字浦715 越路町役場内 1階宿直室

    TEL 0258−92−3111

    FAX 0258−92−2724

・北魚沼郡川口

   10月24日 午後1時50分設置

   川口町生涯学習センター

     北魚沼郡川口町1979−130

     TEL(仮設) 0258−89−3120

・中魚沼郡川西町

   川西町社会福祉議会

    中魚沼郡川西町水口沢71

    TEL 0257−68−3343

被災地は、まだ余震が続いている状況にありますので、ボランティアに参加しようとする場合は、必ず現地ボランティア本部と連絡を取り、現地の状況や作業内容、経路等について確認してください。

(※ 電話が大変つながりにくい状況となっておりますので。時間をおいてお掛けいただければ幸いです。)

被災地へのマイカー乗り入れ自粛について(お願い)

 県内中越地方を中心に発生した地震被害にともない、被災地では道路事情の悪化による交通混雑が予想されます。

 被災地の道路は、緊急車両等の通行を優先する必要がありますので、やむを得ない場合を除き、被災地へのマイカー乗り入れ自粛にご協力くださるようお願いします。

災害状況は下記の新潟県災害対策本部のホームページをご覧下さい

http://www.pref.niigata.jp/content/jishin/kyujoho3.html