記入ルール一覧表

記入ルール一覧表

エントリー

このグループに協力して下さる方は、g:gentihatuに、参加申請して下さい。

こちらの準備ができ、承認されたら、この「記入ルール一覧表」をよく読んで、作業を始めて下さい。


サイト登録

キーワードだれがどこを見ているか報告する場所」に、自分がチェックしているサイトを登録します。

多重投稿を防ぐため、他の人と同じサイトをチェックしないようにして下さい。新しいサイトを見つけたら、その都度自分の名前の所を更新して下さい。


作業の流れ

作業場所は、キーワード作業場所登録所」から飛べる各自用キーワード

そこで、自分用キーワードを作成します。かならず、そこにキーワード登録してから使って下さい。

初めての方は、既存のものから、自分用を作成して下さい。

普段のダイアリーでいう所のキーワードの説明ページで、自分の担当サイトの抜き書きをします。

作業中、適宜保存し、データの紛失を避けるようにして下さい。キーワードですと、更新する毎に過去の記述を「編集履歴」にバックアップしてくれるので、間違いがあった時の復旧が楽です。


その日の分がまとまったら、公開場所である、

http://gentihatu.g.hatena.ne.jp/Yuny/

の日記の、元記事の該当の日付の末尾に追記していきます。


本文の書き方

作成例はこちら。http://gentihatu.g.hatena.ne.jp/Yuny/20041026

  1. 小見出しを地名で付けます。時刻書式でURL固定を図ります。(参照:キーワード地名と見出し一覧」)
      • 例:*t+1*[小千谷市]小千谷市
      • URL固定のため、かならず*t+数値*を入れます。
      • 小見出しの後に、地名を復唱して書いておくと、間違いが少なくなります。
      • 郡の項目では、分かるようであれば町村名まで書いて下さい。
        • 例:*t+1*[三島郡]三島郡越路町
  2. 「>>」タグを書きます。
  3. ソース=URL」で、元記事のURLを示します。
  4. 掲示板等の本文を、投稿者名(名無しさん、なども)や日付を含めて、コピペします。
  5. 「<<」で閉じます。
  6. 以後、繰り返します。次の記事は「*t+2*」その次は「*t+3*」と、+の数字を増やしてtを付けます。
  7. 記事がある程度まとまったら、作業場所キーワードをいったん登録し、もう1度「編集」を押して、http://gentihatu.g.hatena.ne.jp/Yuny/の該当日付の末尾に、書式ごとコピぺで追記します。
      • 記事を発見した日の日記に書くのではなく、記事の内容の日の日記に書いて下さい。
      • 追記前に、必ず一度、作業場所キーワードに「登録」して下さい。後で訂正する時に役立ちます。

なお、記事は、現地の地名・現場状況が直接的に分かるものを、よく選んで下さい。

作業に当たって,Mac OS Xをお使いの方は、Safariは使わないで下さい。投稿記事が予期せぬ文字化けで破壊されることがあります。NetScapeなどをお使い下さい。


補助アクセスワード」について。

補助アクセスワード」は、作業上、参照や書き込みが必要となる管理用キーワードを一発で呼び出す、このグループ特有のキーワードです。

ひらがな4文字で覚えやすく考えました。

困った時はこの4文字を書いて投稿すれば、クリックでそのキーワードにたどり着けます。

例えば、誰がどのURLを参照しているかは「だれどこ」と書いてクリックです。

また、このキーワードの説明文が、そのまま管理用キーワードの一覧表になっています。


↓このように作業場所キーワードの冒頭にコピペしてから作業すると便利かもしれません。(id:Yuny実行中)

「だれどこ・ひづけだ・みだみだ・へるぷだ」
*t+*[]
>>
ソース=
<<
=======以下投稿済=======

質問、提案などは。

作業上の質問、議論などは、「連絡場所」の日記で行っています。

http://gentihatu.g.hatena.ne.jp/garyo/

重要な連絡があるので、適宜ご参照ください。